転売屋独占で話題の昭和チックなロリーナ人形を日本橋高島屋で鑑賞!

日本橋1

こんばんは、戯言草々です。

いろいろ忙しくてブログを大分さぼっておりました。

さて、今回はテレビでも「転売屋が買い占め!」と話題になったロリーナという人形を日本橋高島屋に見に行きましたので、そこら辺の事を書いていこうと思います。

ちなみに、ロリーナを日本橋高島屋まで見に行ったのは、人形(ドール)が大好きな親戚に圧力をかけられたまでのこと。

ロリーナ11

さて、1体がなんと「12万円」もするロリーナ人形を、人形にまったく興味のない私は理解できるんでしょうか!?

※人形関係の記事はコチラ

こんばんは、戯言草々です。 「悪い予想というものは必ず当たる…」 誰が言ったかは分かりませんが、人生にお...
こんばんは、戯言草々です。 東京からのロングドライブをすること6時間強。ついに本家本元である福島県小野町「リカ...

久しぶりに訪れた日本橋高島屋は古びれ感が否めない

日本橋高島屋1

というわけで、日本橋高島屋に行ってきました。

日本橋高島屋を訪れたのは20代前半が最後で、それから長いこと訪れてなかったので久しぶりに見てみると「あれ!?こんなに古い感じだったけ…」といった印象。

ちなみに、私の親戚が大好きなリカちゃんキャッスル「ちいさなおみせ」までは徒歩で1km圏内。

こんばんは、戯言草々です。 先月(1月)ですが親戚の子にせがまれまして「リカちゃんキャッスルちいさなおみせ」に...

下道は混んでるかもなと思って首都高で行きましたが…

首都高2

大誤算…。

日本橋高島屋まであと3kmくらいの距離なのに、まったく進まず到着までに1時間かかりました。東京オリンピック時にはどうなることやら…。

そんなこんなで到着。

日本橋高島屋1

ショーウィンドウに飾られている「ロリーナ人形」ですが、これはなかなか雰囲気がありますね。アパレルブランドの新しい広告手法かと思わせられるくらい。

スポンサーリンク

1体12万円のロリーナ人形をウィンドウショッピング

ロリーナ3

日本橋高島屋内に入る前に親戚がかなりソワソワしてるので一緒に「ロリーナ人形」のウィンドウショッピング(撮影会)を。

人形好きに限らず「趣味」に夢中な人を見るのは楽しい(笑)。

ロリーナ4

綺麗に撮れている写真は自分が映り込んでる写真ばかりでしたので、綺麗な写真ではありませんが自分が映っていない写真を掲載していきます。

ロリーナ5

日本橋ながらにサラリーマンがロリーナ人形に多く映り込んでますが、なかなかシュールな雰囲気。

ロリーナ6

外国からの観光客の方達も撮影されてましたね。

この絵の雰囲気はむこうでは珍しいんでしょうか。

ロリーナ7

それにしても、リカちゃん人形は何回見ても「子供の遊具」印象が拭えませんが、この「ロリーナ人形」に関しては中川淳一氏の絵の雰囲気もあり少し芸術性を感じてしまう。

日本橋高島屋のブランド力がそうさせるのか不思議と高級感を感じてしまう。

もしくは、展示された業者さんのセンスがいいのかな。

ロリーナ7

ロリーナ8

「芸術品として成立している」

と思わせる何かを感じますね。

ロリーナ9

いや、やはり中川氏のこの昭和チックな絵が後ろにあるからこそかもしれませんね。

このロリーナ人形だけでは芸術性は感じないかも。

ロリーナ10

一体12万円という価格に説得力を持たせる“何か”があります。

やっぱり日本橋という場所柄なのか…。

ロリーナ11

ただ、なにか惹きつけるものがあります。

どうやら親戚の思うツボになりそう…(笑)。

日本橋高島屋内のロリーナ展示&グッズなど

ロリーナ15

ロリーナ人形展示&グッズ販売は日本橋高島屋1階で行われていました。

あれだけ話題だったので店内ごった返しているかと思いきや、それほどでもなかったですね。これなら「リカちゃん出張お人形教室」の方が混んでいたかも。

こんばんは、戯言草々です。 3連休などバタバタしつつ、ブログをかなりサボタージュしてしまいました。 さて...

ロリーナ16

客層はたまたまかもしれませんが50代以上の方が目立ちましたね。

ロリーナ18

どれもなかなかの値段です。

ロリーナ19

ロリーナ20

「これは500円くらいかな…」と思い手に取ってみると2000円(税抜き)みたいなグッズばかり。

まぁ親戚はあれこれ購入していました。

ロリーナ22

個人的にちょっと良いなと思ったのは黒猫の赤いカップ。

ただ日常で使うには少し小ぶりで購入はしませんでした。

スポンサーリンク

転売で話題のロリーナ。本日のまとめ。

ロリーナ24

なんだかんだでロリーナ人形鑑賞を1時間以上…。

親戚は(笑)。

私はロリーナに関しては10分くらいで、それ以外の時間は親戚をほっといてゴヤールなどブラブラしていました。新作の大き目な小銭入れっぽい財布がなかなか良かった。

さて、以上がロリーナ人形鑑賞記でありますが、個人的にはロリーナ人形本体よりも中川淳一氏が描く絵の雰囲気が印象に残りました。

昭和チックといってしまえばそうですが、人形にまったく興味のない私に“何か”を感じさせる力がたしかにあると思います。

ロリーナ7

1体12万円…。

親戚いわく「これくらいはする」といった感じでしたが、中川氏の絵がなければ「はぁっ!?」と思ったでしょう。

が、この昭和チックな絵が共にあると説得力があり納得させられてしまう。

そんな“芸術の力“を今さらながらに知った五月晴れの1日でした。

次回は、日本橋の続きでグルメ記事を書こうと思います。

それでは。


関連記事はコチラ。

~オススメ観光地。北海道・斜里郡の「神の子池」~ こんばんは、戯言草々です。 さて本日はいつもと趣向を変えま...
こんばんは、戯言草々です。 さて今回も誰しも一度くらいは悩んだ事がある『プレゼント・贈り物』について。なかでもとりわけ...
こんばんは、戯言草々です。 お昼過ぎに友人から「ワイドナショーでブルーノマーズが取り上げられた」との連絡が入り...
こんばんは、戯言草々です。 さて、本日4月9日にサッカー日本代表監督「ハリルホジッチ電撃解任」という報道がなさ...
スポンサーリンク

フォローする