【冷凍ピラフ1位】結局、冷凍チャーハンはどれも美味しくないけど…。

中華1

こんばんは、戯言草々です。

冷凍チャーハン。

炒飯を冷凍するというある種の暴挙に一抹の不安を抱えながらも、しかし何故か期待してしまうのは「まだ自分は若いはず」という心理的プレッシャーによるものかもしれない。

さて、中二病的な発言はおいておいて、先日ですが「本当に美味しい冷凍食品はコレ!」的な記事を書いたんですけれども、その中でも触れたように正直なかなか美味しい冷凍チャーハンに出会えておりません。

スーパーに行けば冷凍チャーハンの新商品を探すようにしておりますが、そこで見つかったソレはだいたい美味しくない。

しかし、「冷凍チャーハンは美味しくなくてもピラフ系ならいけるかも」という思いから冷凍ピラフに手を出してみた結果…

大当たり!

本日はそんな冷凍食品「チャーハン&ピラフ」について書いていこうと思います。

※関連記事はコチラ。

こんばんは、戯言草々です。 まだまだ暑い夏が続いており、食事を作るのが億劫な日々を過ごしていると冷凍食品の有難...
こんばんは、戯言草々です。 新社会人の方が仕事にも少しずつ慣れはじめ、そろそろ本格的に自炊に挑戦しようと思って...

冷凍チャーハンの新商品を買ってみましたが…残念。

冷凍チャーハン10

というわけで、最近買った冷凍チャーハンは↓

冷凍チャーハン11

味の素:ゴロっとあぶり焼「大海老炒飯」

コチラです。

名前も良いし、パッケージも少しうるさいけど良いし、味の素の商品なので少し安心感もあるしという事で購入しました。

冷凍チャーハン12

調理前の中身はこんな感じです↓。

冷凍チャーハン13

冷凍チャーハン14

冷凍チャーハン15

これって大海老…!?

キャッチーなフレーズで購買意欲を高めたいのは分かるんですが、結局期待値を上げすぎて失敗してしまう典型的な例ですね。

これを大海老と謳ってしまってはいけません。

炒めてみた感じはコチラ↓。

冷凍チャーハン16

見た目は美味しそうなんですが、ちょっとアジア系の独特なニオイがしますね。

冷凍チャーハン17

しつこいですが、これを大海老とは言っちゃいけない(笑)。

商品開発と市場調査(マーケティング)部門、頭の固い経営陣の争いがうかがえます。

恐らく発言力の強い方が「もっと力強いネーミングが必要なり!」と言い、誰も大海老とは思ってもないのに商品名に入れてしまったみたいな感じでしょうか。

ちなみに肝心のお味ですが、恐らく日本人が好きなチャーハンではありません。

スパイスとして入ってるであろうハッカク(理事長ではなく)の風味がエスニック感を出すことには成功しているでしょうが、味付けが変に甘くそれとハッカクの風味が相まって美味しくない。

この味なら名前に“大海老”ではなく「東南アジア風」とか「エスニック」とか入れるべきかな。

冷凍チャーハンは本当に難しいですね。

「この小栗旬がCMしていた商品も結局美味しくなかったしなぁ」

そんな思いを抱えながらも冷凍食品売場を眺めていたら美味しそうな商品を2つ見つけてしまいました。

炒飯ではないんですけどね。

スポンサーリンク

冷凍食品「肉めし」。男性が好きそうなズバリな商品名

冷凍肉めし1

まず一つ目はコチラ。

テーブルマーク:肉めし

冷凍肉めし2

冷凍肉めし3

なんか美味しそう。

ズバリな商品名もイイ。

でも一抹の不安もよぎるので早速開封してみましょう。

冷凍肉めし4

“肉めし“という割には所々に見える程度(笑)。

ただ開封した直後に鼻に抜けるニンニクの香りはなかなかよろしい。

冷凍肉めし5

炒めるとこんな感じ↑です。

冷凍肉めし7

肉の存在感のなさ(笑)。

やはり名は体を表さないとね。

味に関しては先ほどの冷凍チャーハンよりかは日本人好みの甘辛ニンニク系。ただ少し味付けが濃すぎるかなぁ。

二度目はない感じです。

ちょっと期待したんですけどね。

やはり冷凍のご飯系は難しいのかな。

そして、もう一つの美味しそうと思った商品はコチラ↓。

ニッスイ:いきなりステーキのビーフガーリックピラフがまさかの結果に…!?

いきなりステーキ冷凍1

本当のことを言えば、いきなりステーキは好きじゃない。

テレビのごり押し感も好きじゃないし、そもそも初訪問時に食べたステーキ肉の固さ、美味しく無さは忘れられない。

「スーパーで買う同価格帯ステーキのが圧倒的に美味しい」とまで思いました。

とりあえず今回は“イロモノ“的な感じで面白そうなので購入したというのが本音です。

いきなりステーキ冷凍3

う~ん、胡散臭い(笑)。

いきなりステーキ冷凍4

いきなりステーキ冷凍5

最近の冷凍チャーハンは600グラムが当たり前になってきましたね。食いしん坊な私にはありがたい流れです。

冷凍チャーハンで一番売れてそうなニチレイのこの商品もいずれはこの流れに乗るんでしょうか。

さて、話を戻して開封してみます。

いきなりステーキ冷凍7

先ほどの“肉めし”同様に開封した直後のニンニクの香りはイイ。

しかも、肉の存在感が…

いきなりステーキ冷凍8
かなりあります!

日清カップヌードルの謎肉よりも大きいです。

これは素晴らしい。

肉に関して何も謳ってないのにこれだけの肉の存在感。

マーケティング的に期待値を上げずに結果お得感を演出するとは…、あのスピードで店舗展開した事からも窺えるようになかなか“やり手“の方がいるようですね。

炒めるとこんな感じ↓。

いきなりステーキ冷凍9

コーンは好きではないんですが、やはり先ほどの“肉めし”に比べると彩りがイイですね。肉めしは茶色感がすごかった(笑)。

いきなりステーキ冷凍10

肉も相変わらず存在感があります。

味に関してもこれはなかなか美味しいです。

個人的な好みでやっぱりコーンの甘さは邪魔ですが、味自体はしっかりガーリックピラフとして成立しています。

これは久しぶりの冷凍食品のヒットですね。

鉄板焼きで食べるガーリックピラフ感もあるし、コーンは最悪取り除けばイイし(笑)。

いきなりステーキ自体は好きではないけれど、これは今の冷凍食品界では頑張っている商品だと言えます。

スポンサーリンク

冷凍食品のいきなりステーキが意外と美味しいまとめ。

いきなりステーキ11

というわけで、本日は冷凍食品「チャーハン&ピラフ」について書いてまいりました。

結局、冷凍チャーハンで美味しいものが見つかっていないのは“チャーハンへの想い”が強く、だからこそ納得できていないのかもしれません。

あの中華屋さんで出されるチャーハン独特の風味をいつか冷凍食品で味わってみたいものです。

また今回「いきなりステーキのガーリックピラフ」が意外な美味しさで健闘しておりますが、個人的に一番美味しいピラフはコレです。

結局、ピラフはこれに落ち着くんですよね。

それでは。


関連記事はコチラ。

~長崎ハウステンボス内某店のパスタ~ こんばんは、戯言草々です。 当ブログの突然閉鎖から徐々に日毎PV数が復...
こんばんは、戯言草々です。 さて、前回ファミマとセブンの“たらこパスタ”対決では、誰も想像していなかった<ほぼ同点>の...
こんばんは、戯言草々です。 過去、このブログで「ファミマの弁当は本当に不味い?」「セブンのオススメ弁当」などの...
こんばんは、戯言草々です。 若いころに比べ自炊をそこそこするようにもなり、コンビニに行くことも最近は少なくなり...
こんばんは、戯言草々です。 「〇〇にかけるもの」これ意外とありますよね。 「目玉焼きには醤油」みたいなや...

スポンサーリンク

フォローする